https://webcode-lab.com/attic/

Coding Rules・SEO施策 チェックサイト

  • keyvisualimage
  • keyvisualimage
  • keyvisualimage
  • keyvisualimage
  • keyvisualimage
  • keyvisualimage
  • keyvisualimage
  • keyvisualimage
  • keyvisualimage
  • keyvisualimage
  • keyvisualimage
  • keyvisualimage
  • keyvisualimage
  • keyvisualimage
HOME > Common Rules > TOP宣言

TOP宣言


全ページの冒頭で記述する必要のあるルールです。
記述の順序は、基本的にどのページも同じです。

「CODE」ボタンをクリックすると参考コードを参照できます。


<PCサイト TOP宣言>

<?php echo '<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>'."\n" ?> <?php //SM自動転送プログラム include("_common/php/ua_switch.php"); //html宣言 include("_common/tag/top.html"); ?>


<SMサイト TOP宣言>

<?php echo '<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>'."\n" ?> <?php //SM自動転送プログラム用変数 $page_name = "○○○/"; //html宣言 PCサイト_common参照も可 include("_common/tag/top.html"); ?>

【順序1】ファイル文字コード宣言(全ページ)


全ページ一番上で、ファイル自体の文字コード宣言

タグ
<?php echo '<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>'."\n" ?>

※文字コード宣言は冒頭で行い、その前には何も入れない
※文字コード宣言はPHPのechoで行う
 理由→※文字コード宣言の冒頭の「<?xml・・・」部分がphpプログラムコードと勘違いされるため


【順序2】スマートフォン自動転送プログラムの設置(PCサイトのみ)


PCサイトでは、スマートフォン自動転送プログラムをインクルード

タグ
include("_common/php/ua_switch.php");

自動転送プログラム


【順序3】ディレクトリ名を変数に代入(SMサイトのみ)


SMサイトでは、変数「$page_name」にそれぞれのページに該当するPCサイトのページ・またはディレクトリ名を代入(スマートフォン自動転送プログラム用)

タグ

$page_name = "○○○/"; ※○○○の部分に固有のディレクトリ名と"/"

例)スマホ下層ページ"sm/about/"の場合 → PCサイト該当ページ"about/"
 $page_name = "about/";
 $page_name = "about.html"; ※ディレクトリでなくファイルの場合

自動転送プログラム


【順序4】HTML5宣言(全ページ)


全ページで、HTML5宣言

タグ
<各ページ> ※読み込み相対パス階層は適宜
include("_common/tag/top.html");

タグ
<top.html 内容>
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">

※PCサイト・SMサイトで共通パーツ利用OK(_common/tag/top.html)
※「top.html」は内容変更不可





ページの先頭へ


次回までにお願いする課題

  • 課題1. 知っているHTML5のマーキング情報を、みなさんへ共有しましょう。
  • 課題2. 共有CSS・共有JSを構築しましょう。提案をお待ちしています。
  • 課題3. 今後サイトコーディングで必要になるプラグインを教えてください。
  • 課題4. 分からないことなどあれば聞いてください。
12/04勉強会